まつ毛Q&A

まつ毛エクステの質問お答えします

まつげエクステンションアイラッシュについて、さまざまな質問にお答えいたします。 特にまつげエクステンションが、初めてのお客様の知りたいこと、知って頂きたいこと、ご質問や疑問点などたくさんあると思います。ここではよくいただく質問からお答えさせて頂きました。 知りたい事が見つからない場合は、どうぞお気軽にご質問ください。

<一番多い質問>まつげエクステはどれくらい持ちますか?

約20日から1ヶ月間前後となります。  まつげが生え変わる毛周期は約3ヶ月間です。ですから抜けおちる1ヶ月から1ヶ月半ぐらい前の成長した健康なまつげのみにエクステンションさせて頂きますので、持続期間も最長でも、それ以下となります。 まだ成長していないまつげにエクステンションすると、過度の負担がかかり発毛サイクルに狂いが生じ早く抜けてしまい、徐々に自まつ毛が少なくなっていくという状態が起こります(まつげ脱毛症など)つけ放題や束毛エクステメニューに見られる弊害がこれにあたります。 持ちのポイントは、サロン側のまつげへの選別力と接着技能力、施術環境、そしてお客様の洗顔方法やうつ伏せでの就寝体勢などのライフスタイルに大きく左右されます。 まつげは、それぞれの毛周期によって毎日4~5本は抜けていきますので、一緒にエクステ毛も減っていきますから、常にきれいな状態を保つには、2~3週間に1度のリペア(付け足し)もしくは月に1度ぐらいに全エクステされると良いでしょう。

自まつげが少なく細いですがエクステは出来ますか?

まつげが減ってくる「まつげ欠損症」の原因のほとんどがマスカラ・ビューラー・まつげパーマ・付けまつげ・つけ放題エクステや束毛エクステ等が原因で、自まつげに大きな負担をかけた為に起こる症状です。これらの脱毛症の他に眼瞼皮膚炎やアレルギー性のものが原因とも考えられますので、これら疾患が認められた場合は基本的にはエクステンションできません。(目元の疾患がある場合、眼科病院をご紹介致します) イベントなどを控え、どうしても短期的に必要である場合、本数を減らし細く短いエクステ毛にするなどいずれも自まつげを少し(1~3ヶ月間)休ませてあげましょう。

以前にまつげエクステをしてチクチクしましたが?

本当のまつげエクステンションは、目にしみたりチクチクしたり等といったことはありえません。目元への即効性美容であるまつげエクステンションは、しっかりとした知識と多くの練習を経た者でないと出来ない美容手法ですので、施術中の感触や仕上り、持ちの良さは当然として、安全で確実なエクステンションが出来る高い技能を持ったスタッフが揃った、お客様の希望や不安・疑問にしっかりお答え出来るサロンを、よく見極めて頂くことが大切ではないかと思います。

まつげパーマとの相性は?

まつげにパーマをされますと、まつげへのダメージが大きい為お勧めしておりません。エクステと違ってまつげを選別せず全てのまつげにパーマがかかりますから、成長初期のまつげの毛先方向がバラバラになっていきデザイン性も期待できません。まつげエクステだけでも、自然できれいなカールが保たれますのでパーマの必要もなくなるでしょう。 (まつげパーマは薬事法の目的外使用となる為、保健所より施術をしないようにとの指導が出ています)

施術の際、痛みはありますか?

ありませんのでご安心下さい。

どれくらいの本数をつけられますか?

まつげそれぞれの毛周期の違いもあるので、生えているまつげ全てにエクステンションをするわけではありませんので、本数にも限りがあります。また、まつげ1本に対してエクステ毛1本を付けるというのが基本となっておりますので 個人差もございますが、平均で両目で80~120本ほどが適正数といえます。(当サロンでは、まつげへの負担が大きい束毛は一切使用しておりません)

どれくらいまつげを濃くできますか?

エクステ毛の太さ長さにもよりますが、約50~100%以上は、まつげを濃く見せることができます。最も細いエクステ毛でも、まつげよりも太いので、印象はガラリと変わります。そして、まつげエクステの強みでもあるまつげが太く伸びたような自然さはまったく損なわれません。また、何より取り扱いが楽で大幅なお化粧時間の短縮になるのも大きなメリットと言えます。注意:まつげが少ない・傷んでいる等の状態の方は、太い長いエクステ毛は付けないでください。

どれくらいまつげを長くできますか?

最大でまつげの倍くらいは長くすることができます。(個人差がございます)まつげの平均的な長さが7~9㎜とすると10~12㎜程度のエクステ毛が、まつげにかかる負担が少なく理想と言えるでしょう。 注意:まつげが少ない・傷んでいる等の状態の方は、長く太いエクステ毛は付けないでください。

エクステンション毛はシルクやミンクで出来ているのですか?

名称は違えど全て自然な色合いと手触り感を持たせたポリエステル繊維(PET・PBTなど)で作られた人工毛です。業界では常識でありますが、シルクやミンクといった名称は、素材を表しているのではなく、 あくまでも、まつげ商材メーカーが付けた商品名です。シルクは摩耗強度が弱く染色にも向いていませんし汗や紫外線で変色しカビも発生しやすい為またミンク(獣毛)では、品質に問題が出ますし、なにより使用場所が、粘膜の多い目元である為ウィルス等の問題もあるので使用できません。したがってシルクやミンクで作られたエクステ毛というものは、実際には製造されておりません。

施術時間はどのくらいかかりますか?

お客さまの目元の状態を把握する為に、しっかりとカウンセリングを致しますので施術も合わせて1時間から1時間30分くらいとなります。(メニューによって変わります) アシスタントメニューの場合は、講師またはプロスタッフ以上の者が、1本1本の仕上りの最終チェックを行い必要であれば若干の修正も行いますので、お時間を多めに頂いております。

取り扱いは面倒ではないですか?

まつげエクステンションの強みは何と言っても水に強いこと洗顔・お風呂・プール・スポーツなどで、付け外しが必要な付けまつげとは違いまったく何もする必要がありません。しかもパーマやビューラーのようにまつげが大きく痛むこともありません。

以前、まつげエクステをしてかゆみやが出ましたが?

エクステンションを付けて違和感、かゆみが出てしまった方はアレルギー症状の可能性がありますので施術はお控頂いた方が良いでしょう。また皮膚科もしくは眼科医にご相談の上で、ご担当医の承諾を頂いた上で施術して頂くことをお勧め致します。(ご希望でしたら提携の医療機関をご紹介させて頂きます)

友人が付けていてとても不自然だったので心配ですが?

まつげエクステンションは本来は自まつ毛が伸びたような自然さが強みですので付けマツゲのような不自然さはございません。テレビでお馴染みのニュースキャスターさんや女優さんがまつげエクステをしておられるのも、その為です。 はじめてされる方は、その自然できれいな仕上がりに、きっと感動されることでしょう。

まつげエクステの綺麗な状態を保つためにはどうしたらいいですか?

たとえば結婚式などの特別な時だけにまつげエクステをする人もいますが、多くの人は常にきれいなまつげでいたいものですが、そのためにはメンテナンス(リペアまたは付け足し)をお勧め致します。 メンテナンスは、2週間を基本ベースに抜けて減ってきたエクステを追加していくという方法です。まつげは伸びる方向が1本1本違いますので、何度か追加した後は、すべてのエクステ毛を新しいものに変えることをお勧めします。 またご自身のお取り扱い方によっても大きく左右されますので、お取り扱いに慣れることも大切です。

特別な日やイベントの何日前にエクステをつけるのがいい?

特にはじめてまつげエクステンションをされる方は、結婚式などのイベントの1ヶ月前に1度お試し頂くのが良いでしょう。(パッチテスト推奨)その上でイベント2、3日前の再施術をおすすめしております。

まつげエクステにマスカラを使うことはできますか?

まつげエクステにマスカラをする必要はありませんが、どうしても付けられたい場合はまつげエクステ専用のマスカラをご使用ください。 多くのマスカラは油分が含まれており、油は全てのものに浸透しやすい特性を持っていますのでエクステ毛との接着面に悪影響を与え外れやすくなってしまう可能性があります。したがって使用する場合は、ノンオイルタイプの専用マスカラをお勧めしますが、使用する際はエクステ毛との接着面には注意しながらお塗り下さい。 まつげエクステンション専用のマスカラは水で簡単に流せますので通常のマスカラに比べエクステ毛からもきれいに取りやすく負担も軽くてすみます。